埼玉県の成年後見制度はリーガルサポート埼玉へ!

公益社団法人 成年後見センター・リーガルサポート 埼玉支部

文字サイズ

任意後見制度

《判断能力が衰えてもあなたの希望する生活をかなえるしくみ》

任意後見制度とは自らの意思に基づいて「任意後見契約」を締結した委任者が利用できる任意の後見制度です。
支援してもらう内容を決めて信頼できる人と公証人役場で任意後見契約を結び、判断能力が減退した後、家庭裁判所で任意後見監督人が選任されると契約が発効します。

■利用例

■任意後見でできることの例

■任意後見人の報酬

任意後見契約において定めた内容(報酬の有無、金額、支払時期等)に従います。報酬を定めないときは無報酬となります。

任意後見制度を安心して利用するために

■何をお願いするか決めておきましょう。

「なんでもかんでも」なんて簡単に決めないこと。
財産の状況などを把握して今後の人生設計をしっかりたてましょう。

■誰にお願いするか決めておきましょう。

安心して任せられる人、信頼できる人は誰ですか。
十分話し合い、専門家のアドバイスを受けましょう。

■どのパターンを利用するか決めておきましょう。

任意代理契約 >>

認知症チェック

リーガルサポート埼玉