埼玉県の成年後見制度はリーガルサポート埼玉へ!

公益社団法人 成年後見センター・リーガルサポート 埼玉支部

文字サイズ

成年後見制度とは

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な方々は、不動産や預貯金などの財産を管理したり、身の回りの世話を受けるために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり、遺産分割の協議をしたりする必要があっても、自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。また、自分に不利益な契約であっても、判断することができずに契約をしてしまい、悪徳商法の被害にあうおそれもあります。このような判断能力の不十分な方々を保護し、支援するのが成年後見制度です。

成年後見制度は、「法定後見制度」と「任意後見制度」の二つの制度があります。
すでに判断能力が不十分な状況にある方は、その程度に応じ3種類の法定後見制度のひとつを利用することになります。今は元気で判断能力はあるけれども、将来判断能力が不十分になったときのことを考えて、あらかじめ後見人を選んでおきたい方は、任意後見制度を利用することができます。

それではこれらの制度について詳しく説明しましょう。

法定後見制度 >>

認知症チェック

リーガルサポート埼玉