埼玉県の成年後見制度はリーガルサポート埼玉へ!

公益社団法人 成年後見センター・リーガルサポート 埼玉支部

文字サイズ

事例紹介

今、一人暮らしをしているが、老後が心配。一人暮らしができなくなったら、自宅を売却して老人ホームに入所したいが、その手続きや支払などをしてほしい。 任意後見制度が利用できます。
病気で体を自由に動かすことができない、入院費の支払や役所などでの諸手続きを自分に代わってしてほしい。 任意代理契約をすることができます。
自分の亡くなった後、葬儀や納骨、永代供養をして欲しい。 死後の事務の委任契約をすることができます。
自分の亡くなった後、自分の財産のことで、揉めないでほしい。 遺言をしましょう。
父は一人暮らしをしているが、高額な健康機具など、次々と契約をして買ってしまう。 法定後見制度が利用できます。
保護の必要性に応じて
  • 補助
  • 保佐
  • 後見
の三つを利用できます。
父は認知症が重くなり自宅での生活が難しくなってきたので、施設に入所させたいが、入所費用にあてるため、不動産を売却したい。
認知症の母のために、母の口座から預金を引き出そうとしたら、引き出すことができなかった。
兄は入院している母のめんどうをみているが、病院から入院費用が滞っていると連絡がきた。どうやら、兄が、母の年金を持ち出しているようだ。
寝たきりの父の面倒をみて財産管理をしてきたが、他の兄弟から使い込みをしているのじゃないかと言われている。
父が亡くなり、母と兄弟で遺産分けをしたいが、母が認知症で、遺産の分け方を決められない。
知的障害をもつ子供がいるが、親はずっとめんどうをみることができない。その子のために財産を残す方法やその使い方、施設への入所手続きはどうすればいいの。
認知症チェック

リーガルサポート埼玉